保険の種類のこと

医療保険の種類を説明

保険には種類が多くある

医療に対しての保険にはいろいろな種類があり、いざという時に備えるためには何かしら必ず必要です。国による公的なもの、企業によるものや、自分で自分や家族のために準備するものなどがあります。保険会社が販売しているものにもいろいろなタイプのものがあります。一生涯保障が続くもので満期が無く料金もずっと一定というのや、ある期間・必要と思われる間の保障を望む時のものや、女性向けに女性特有の病気などに対して保障があるもの、また、掛け捨てはもったいないから貯蓄をともにできるようなものを選ぶことができるタイプなど多くのものがあります。それぞれのライフプランにあったものを選ぶことができます。

定期タイプと終身タイプがある

保険の種類は加入するタイプによって、大きく定期タイプと終身タイプに分かれます。ここでは医療保険を例にとって説明します。まず定期タイプは一定期間を保障するものになります。メリットは安いことですが、更新しなければならないというデメリットもあります。更新する際に持病があったりすると更新できない場合があるので注意が必要です。終身タイプはずっと保障が続くことがメリットですが、高いです。必要な保障額や保障が必要な時期などを考慮して、上手に使い分けることが重要です。悩んだ場合は、代理店やFPなど専門家に相談しても良いですね。

↑PAGE TOP